美白作用のある食べ物を積極的にとりましょう

日焼け対策をしないと何故シミやしわが出来るのか?

日焼け対策をしっかりと行わないとシミやしわが出来やすい。という事をご存知の方は多いことでしょう。では何故日焼け対策をしないとシミやしわは出来てしまうのでしょうか?
シミ化粧品、どれを選べばいいの?

紫外線にシミやしわが出来る成分が含まれているから? そう考える方も、もしかしたらいるかもしれません。 シミは肌内部で生成されたメラニン色素と呼ばれるものが、長時間留まることで出来てしまいます。

メラニン色素とは表皮の最下部にあるメラノサイトによって作り出されます。 しかしシミの原因となるメラニン色素を何故生成するのでしょうか? 実はメラニンには肌内部の"核"を、紫外線から守るという役割があるからなんです。

肌が紫外線を浴びると、肌内部のメラノサイトがメラニン色素を作り出すよう働きかけます。 するとメラニン色素はこの核に被さるような形でしっかりと覆ってくれるのです。 紫外線によって核がダメージを受けると、DNAや細胞が破壊されてしまい、ガンを引き起こす可能性があります。

このような自体にならない為にメラニン色素は生成されるわけです。 なので肌にとってメラニン色素はとっても大切な存在ではあるのです。 ですがこのメラニン色素が肌の表面で長い時間留まっているとやがてシミとなってしまうんです。

本来はこのメラニン色素は、肌の新陳代謝が行われ皮膚が新しく生まれ変わる際に一緒に剥がれ落ちるものです。 ですが新陳代謝は加齢や不規則な食生活が原因で衰えていきます。 たまに若い方でもシミが目立っているのを見かけるのは、おそらく新陳代謝が衰えているのかもしれません

そのため新陳代謝のサイクルが遅れ、メラニン色素がいつまでも肌内部にとどまり肌の表面にシミとなって現れてしまうんです。 衰えてしまった新陳代謝を急に高めようと思ってもいきなり出来るものではありません。

じっくりとケアをして行くことで徐々に正常な状態へと持っていくものです。 であればやはり日頃から日焼け対策をしっかり行い、シミを出来にくい肌にすることが重要となってきます。 シミの原因となる紫外線から肌をしっかりと守りましょう。


美肌のための食生活①

美肌になるためにはスキンケア等の外からのケアだけでなく、食生活といった内側からのケアも大切です。 食事で特に大切なのは3大栄養素をしっかりと摂取することです。

3大栄養素とは、ビタミン・ミネラル・食物繊維の事で、人の生命活動を維持するのにとても重要な役割を果たします。 これらはお互いに力を合わせながら働きかけるものなのでどれか1つを多く取ればいいと言うものではないのです。

健康に関してちょっと詳しい方にありがちなのが、その食事ばかりを食べ続けると言うものです。 これでは逆に栄養が偏ってしまいバランスが取れません。 肌にとって良い食事とは、色素や香りを渋みなどをバラエティー豊かな食事をする事です。 食材によって肌に働きかける効果は当然異なります。

次に美肌にとって効果的な食材をご紹介します。

☆美肌にとって無くてはならない食材

美白を手に入れるのであれば必須といっても過言ではない食材の代表例が下記です。

・じゃがいも
・レモン
・パセリ
・イチゴ
・ピーマン
・ブロッコリー

注目すべきはブロッコリーです。 ブロッコリーにはビタミンCが豊富に配合されておりシミの色素沈着に効果的です。 ビタミンCと聞くと酸っぱいレモンを思い浮かべるかと思いますが、実はブロッコリーはレモンの2倍ものビタミンCを配合しているのです。

その他にもブロッコリーにはβカロチン、ビタミンB1、ミネラルも豊富です。
※βカロチンは体内でビタミンAに変わります。

紫外線が活発になる夏は、皮膚に相当なダメージを与えることは容易に想像できるかと思います。 このような時に活躍するのがビタミンAなんです。 ビタミンAは皮膚や粘膜の抵抗力を強くする働きがあり紫外線に負けない肌へと導いてくれるのです。

ビタミンCは酸化によって失われやすくなるので、できるだけ早めに食べるのが理想です。 体に害を及ぼす活性酸素から守ってくれるビタミンEは年を重ねるごとに衰えます。 ですがビタミンCを取ることでビタミンEを蘇らせることが可能なのです。

また肌のハリや潤いに必須のコラーゲンとも相性が良く、ビタミンCはコラーゲンが作られるのを助けてくれるのです。 ビタミンCは正に美白にとって無くてはならない存在。 ビタミンCを配合した食材は是非とも摂取しておきたいものです。


美肌のための食生活②

美肌の為にビタミンCを配合した食事はとても大切ですが、その他にどのような食材を摂取すれば良いのでしょうか?

☆新陳代謝を高めて美肌へと導くビタミンE

美肌であるためには肌の新陳代謝は切っても切り離せない働きです。 肌の生まれ変わりを繰り返すことで美肌を維持することが出来ます。 ビタミンEには血行促進作用があるので新陳代謝を高めるのに最適です。

・たらこ
・卵黄
・レバー
・大豆
・マーガリン
・ナッツ類

これらにビタミンEが豊富に含まれています。

特に大豆は栄養素のバランスが非常に良いので頻繁に摂取したい食材です。 また肝臓を強くしたり貧血改善にも繋がるイワシやサンマ、マグロもオススメです。 これらの魚な肌のツヤをUPさせる効果も。

☆コラーゲンでお肌のハリをUP

女性に人気の美容成分コラーゲンは、美肌を手に入れるためには是非とも摂取しておきたいところです。

コラーゲンを含む主な食材は、

・鶏皮
・鶏軟骨
・牛すじ
・うなぎ
・カレイ

またコラーゲンは人の体内で生成されるもので、アミノ酸が元となります。

アミノ酸は良質なタンパク質に配合されており、

・サバ
・豚もも肉
・紅サケ
・きな粉
・和牛ヒレ肉

これらの食材から摂取できます。

そしてタンパク質と一緒に摂取したいのがビタミンCです。 これらを一緒に摂取するとコラーゲンが生成量が増しますので、是非とも合わせて合わせて摂取したいところです。

実は化粧品に含まれるコラーゲンは皮膚に吸収されにくいと言われています。 なので食材で体の中から取り入れたほうが効果はあるようです。

☆乳酸菌のチカラで胃腸も肌もキレイに

肌荒れの原因とも言われる便秘。 便秘に悩まされる女性は多いかと思います。 お腹がスッキリしないだけでなく肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。 なので美肌になるためには腸内環境を正常化し、便秘を解消することも大切です。

腸内環境を整えると言えばやはり善玉菌の力が必須となります。 善玉菌の量が多ければそれだけキレイに整えてくれる効果が発揮されます。 善玉菌を増やすで有名なのは、

・ヨーグルト
・乳酸飲料

この2つが有名ですが、

・キムチ
・ザワークラフト
・ピクルス
・鮒寿司(ふなずし)
・なれ寿司

といった発酵食品にも配合されています。 また善玉菌のエサとなり増殖効果が期待できるオリゴ糖を摂取するのもオススメです。